破棄は慎重に行なったほうがよいでしょう

-

-

使用したレシートの所持する必要性はあるか?結果から冒頭に述べると保有する重要な意味は特別ないと思います。

人によれば保存することが個々が使用した証拠を持っていたいと思う際は残せばよいですし、反対に言うとそんなものは無くても問題ないという場合はとっておく必要はないです。

しかしながら月に一度送られる利用明細書との照合をする際においてはそれらの利用レシートが不可欠なのです。

明細をそこまで保管していなければ、どこでいつどれだけの金額を利用したのかということが明確でなくなってしまうだけに限らず、誤請求の他二重請求等の確認ができなくなってしまうので危険です。

おそらく利用した金額については利用レシートを保存していないと覚えておくことはできないはずです。

理想的には使用明細書が送付されるひと月ふた月までは、厳重に保存して頂きたい。

クレジットカードのレシート処分法→クレカの利用レシート廃棄のやり方はとても単純です。

他の人に悪用されないようできるだけ細かく破って捨てるだけで問題ない。

小さなシュレッダーなどが自宅にあるのであれば用心のために使うほうが良いでしょう。

カードの利用内容を記載する明細レシートであるためクレジット番号等、機密情報の内容について特定されるデータが非常に多く入っているのです。

ただの明細レシートとは思わず、破棄は慎重に行なったほうがよいでしょう。

また、このごろは悪用防止のため利用レシートにカードNoといった個人を特定する情報が表記されないレシートも出てきているようだが、油断は禁物でしょう。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.bephotographyworkshop.com All Rights Reserved.